参加者へのご案内

開催形態について

  • 本学術集会は、オンライン開催(学会ウェブサイト内のオンライン会場)となります。

参加登録

  • 参加を希望される方は、参加登録期間に参加登録をお願いします。
  • 参加登録の詳細は「参加要項」ページをご確認ください。
  • 参加費の納入をもって参加登録が完了となります。
  • 学術集会終了後に、領収書と参加証明書を送付します。

オンライン会場の視聴・参加について

視聴方法

  • 参加登録が完了された方には、オンライン会場のパスワードをご案内します。
  • 講演内容の写真撮影・動画撮影・音声録音・スクリーンショットは、禁止といたします。
支払い方法
案内方法
クレジットカード
参加登録完了通知のメールに、オンライン会場のパスワードが記載されておりますのでご確認ください。
銀行振込
入金の確認がとれた方より、ご登録のメールアドレスへオンライン会場のパスワードをご案内します。

質疑応答への参加

  • ライブ配信での質疑応答の参加について
    質疑応答はライブで行われます。会期中のリアルタイム配信はZoomウェビナーを使用するため、一般の聴講者はビデオとマイクの設定が予めOFF となっています。
挙手ツール
質問がある場合はZoomの挙手ツールを使用し、挙手をしてください。運営スタッフがマイクの使用を許可致しますので、ミュートを解除し質問をしてください。
なお、質問者が複数いる場合は順番となりますので、予めご了承ください。
Q&Aツール
ZoomウェビナーのQ&Aツールを使い、テキスト形式で視聴者からの質問等も投稿可能です。
  • 一般演題での質疑応答の参加について
    質疑応答受付期間中にチャットツールを使用して質問等を投稿してください。

接続環境・設備

  • ブロードバンド有線またはワイヤレスのインターネット回線が必要です。
    ※安定的な接続のため、インターネットは有線のご利用を強く推奨いたします。
  • Wi-Fi でのご利用の場合、通信環境が不安定となりセッション中に中断する危険性がございます。
  • お持ちのPC にカメラ、スピーカー、マイクが付属されているかご確認いただき、可能な限り、マイク付きイヤホンやヘッドセットマイクなどをご使用ください。内蔵のカメラ、スピーカー、マイクも利用できますが、内蔵マイクは雑音や環境音を拾いやすく、ハウリングを起こしやすいため、ヘッドセットの使用を推奨します。
  • マイクやカメラを使用するアプリケーション(Skype 等)が、裏で動いている場合があります。セッション中は、セッションに不要なアプリケーションは全て閉じてください。

Zoom アプリのインストール

  • 予めZoom アプリ(無料のもの)をホームページ(https://zoom.us/download)よりダウンロードしてください。Zoomアプリは無料のもので問題なく参加できます。
  • サイトにアクセスし、ミーティング用Zoom クライアントの「ダウンロード」をクリックしてください。 (アプリはWindows・Mac・iPad・iPhone・Android で利用できます。)
  • 以下の公式サイトより、サポートされているOS とインターネットブラウザをご確認ください。https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023

表示名の設定

  • 座長や運営スタッフが認識しやすいよう、名前の表示設定をしてください。
  • 参加者(発表をせず参加のみ)の方は、氏名+所属の表示でお願いします。
    ※ ニックネーム等の表示はご遠慮ください。
    表示名の例:高岡太郎(厚生連高岡病院救急科)

e 医学会カード(UMIN カード)による参加登録手続きについて

本学術集会では、「e 医学会カード」による参加登録は行いません。

優秀演題賞

一般演題の中で優れた発表を各セッション1演題ずつ選出します。

選出方法

  • 参加者は一般演題を視聴いただき、各セッションの中で最も優れている内容の演題に、学会ウェブサイト「優秀演題の投票」欄から投票して下さい。
    ※ 全てのセッションに投票する必要はありません。
    ※ 共同演者、自施設への投票はご遠慮下さい。

表彰

  • 選出された演題に対して優秀演題賞として閉会式で表彰します。

日本救急医学会中部地方会入会手続き

本学術集会の演者は日本救急医学会中部地方会員に限られます。未入会の方は発表できません。
入会希望者は日本救急医学会中部地方会より入会手続きを行ってください。
https://www.jaam-chubu.jp/index.html

救急科領域講習について 

  • 本学術集会期中に講演されます下記講習について、『救急科領域講習』の対象となる講習会として認定されましたので、奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。 
12月4日(土)  時間:未定  
『JRC 蘇生ガイドライン 2020 と今後の検討課題』(WEB 開催(LIVE 配信))
黒田 泰弘先生(香川大学医学部救急災害医学講座)
12月4日(土)  時間:未定 
『新興感染症を踏まえた救急・集中治療の新展開』(WEB 開催(LIVE 配信)) 
松田 直之先生(名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野)

単位認定までの流れ

  1. 講演動画(オンタイム配信)の視聴 

講習時間(約60分)を最初から最後まですべて聴講してください。 
※時間に余裕をもってご入室ください。 
※途中の別セッションの視聴・離席・別端末に切り替えての視聴は認められません。 

  1. テストへの解答 

「テストに解答」ボタンをクリックして解答してください。 
【解答可能期間】12月4日(土)23:59まで 
【解答制限】 なし(単位認定に必要な正答率に達するまで繰り返し解答可能) 

  1. 単位の付与 

事務局による視聴ログの精査後、日本救急医学会に視聴履歴を提出し、単位を付与します。 
ご自身での個別の手続きは不要です。
※ 視聴履歴の内容によっては、テストが合格となった場合でも単位認定と認められない場合があります。 
※救急科領域講習は後日オンデマンド配信も行う予定ですが、単位は取得できません。 

TOP